コラム

Tagged
ジョエル・エンビード

ジョエル・エンビード ヤニス・アンテトクンポを「シクサーズに勧誘した」

新たなフォーマットを採用した2018オールスターゲームは、大成功で終えたと言って良いだろう。 ここ数年のオールスターゲームと比較すると、プレイヤーたちには明らかに競争意識があり、見応えのあるゲームだった。 一方、コート外では例年通り、オールスタープレイヤーたちが親交を深めたようだ...
レイジョン・ロンド

ラジョン・ロンド レイ・アレンをオフの親睦会に招待

レイ・アレンはライバルチームだったマイアミ・ヒートに移籍したことにより、元ボストン・セルティックスで共にタイトルを獲得したポール・ピアース、ケビン・ガーネット、ラジョン・ロンドとの親交を断たれた。 だが、長い年月を経て、彼らの親交はようやく回復するかもしれない。 ロンドによると、...
ケビン・デュラント

ケビン・デュラント「順位表は見てない」

オールスターブレイク突入直前、ゴールデンステイト・ウォリアーズはウェスタン・カンファレンス首位の座をヒューストン・ロケッツに奪われた。 タイトルを獲得した2014-15シーズンは67勝15敗、クリーヴランド・キャバリアーズにファイナルで敗れた2015-16シーズンは73勝9敗、ケ...
ドノバン・ミッチェル

ドノバン・ミッチェル「ロドニー・フッドはメンターだった」

ユタ・ジャズは先日の3チーム間トレードでロドニー・フッドをクリーヴランド・キャバリアーズへ、ジョー・ジョンソンをサクラメント・キングスへ放出した。 このトレードにより、ルーキーのドノバン・ミッチェルはNBAのビジネスをより思い知ったのかもしれない。 フッドとジョンソンのトレードを...
アンソニー・デイビス

アンソニー・デイビス「デマーカス・カズンズがいればファイナルに進出できる」

1年前のトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに加わり、アンソニー・デイビスとツインタワーを結成したデマーカス・カズンズは、1月末にアキレス腱を断裂し、シーズン全休を余儀なくされた。 プレイオフ復帰を狙うペリカンズにとって、カズンズの離脱は大きな痛手と言えるだろう。 それを誰より...
マーク・キューバン

マーク・キューバン「負けることがベストオプション」

シーズン前半を18勝40敗、ウェスタン・カンファレンス14位で終えたダラス・マーベリックスは、すでに来季へ向けて動き出しているのかもしれない。 プレイオフ進出が絶望的な状況にあるマブスは、タンクを行う方針のようだ。 マブスのオーナーであるキューバンは、チームについて次のように言及...
ジャバリ・パーカー

ジャバリ・パーカー「ミルウォーキーにいるためにベストを尽くす」

2度の大怪我を乗り越えて復帰したミルウォーキー・バックスのジャバリ・パーカーは、復帰後の6試合すべてベンチから出場している。 復帰から間もない、かつヤニス・アンテトクンポが4番のポジションでプレイしているため、パーカーのベンチ出場はしばらく続くことになるだろう。 一方、気になるの...
ビクター・オラディポ

ペイサーズのケビン・プリチャード球団社長「選手からロスターをキープするよう頼まれた」

インディアナ・ペイサーズはトレード期限までにロスターに手を加えることなく、シーズン前半をイースタン・カンファレンス5位で終えた。 ロスターを動かさなかった理由は、ペイサーズのプレイヤーたちによる要望があったからなのかもしれない。 ペイサーズのケビン・プリチャード球団社長によると、...
ヤニス・アンテトクンポ

ヤニス・アンテトクンポ「チャンピオンシップチームである限りどこにも行かない」

スーパースターに成長したヤニス・アンテトクンポをロスターに留めるため、ミルウォーキー・バックスは最大限の努力を続けなければならないだろう。 アンテトクンポはバックスへの忠誠心を示すと共に、チームに残留する条件を付けたようだ。 自身の去就とバックスについて、アンテトクンポは次のよう...
ケビン・デュラント&ラッセル・ウェストブルック

ケビン・デュラント&ラッセル・ウェストブルック オールスター中に笑い合う

オクラホマシティ・サンダーからゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍したことにより、ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックの間には確執が生じた。 だが、二人の関係は雪解け間近なのかもしれない。 デュラントとウェストブルックは、オールスター中にカイリー・アービングを交えて冗...