【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュ ケビン・デュラントは「素晴らしい経験をした」

NBAを代表するスーパースターのケビン・デュラントはこの夏、ゴールデンステイト・ウォリアーズを去り、ブルックリン・ネッツに移籍した。

ウォリアーズは主力陣の負傷離脱が大きく影響し、トロント・ラプターズに王座を奪われてしまったものの、それでも絶対的王者であったと言えるだろう。

にも関わらず、ウォリアーズを去るという決断を下したデュラント。

しかし、スティーブ・ナッシュはデュラントの決断を理解しているようだ。

ナッシュはデュラントについて次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「去りたくないと思うような素晴らしい経験を、彼はしたんじゃないかな。私はそう思うよ。(ネッツへの移籍は)思いがけないことだった」

「彼は哲学的な考えを持ってて、常に自分自身をプッシュし、彼を満たし、興奮させるものを常に探してるんだ。我々が過小評価してた部分かもしれないね」

「(オクラホマシティ・サンダーを去った当時)彼はより高く、より大きな何かを求めてた。新たな道で彼をプッシュする異なる何かを経験したかった。それと同じことが起こったのさ」

ナッシュによると、デュラントは新たなチャンレンジと経験を常に求めており、それが彼を突き動かしているという。

ウォリアーズで連覇を経験し、2年連続でファイナルMVPに選出されたデュラント。

残念ながらファイナル中にアキレス腱を断裂し、長期離脱を余儀なくされたが、復帰後は新たなチャレンジと経験を手にするため、情熱的なデュラントのプレイを見ることができるだろう。

なお、昨季のデュラントはレギュラーシーズン78試合に出場し、平均34.6分のプレイで26.0得点、6.4リバウンド、5.9アシスト(キャリアハイ)、0.7スティール(キャリアワーストタイ)、1.1ブロックショット、FG成功率52.1%、3P成功率35.3%を記録。

キャリア12年ではレギュラーシーズン通算849試合に出場し、平均36.9分のプレイで27.0得点、7.1リバウンド、4.1アシスト、1.1スティール、1.1ブロックショット、FG成功率49.3%、3P成功率38.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    カーでは?

    • By nba-sweetdays

      仰る通りです!ありがとうございますm(__)m

      ※訂正
      ナッシュで合ってました。

*

CAPTCHA