【スポンサーリンク】

【NBA】シャーロット・ボブキャッツvsニューヨーク・ニックス 11月6日結果

【NBA】シャーロット・ボブキャッツvsニューヨーク・ニックス 11月6日結果

日本時間11月6日に行われたシャーロット・ボブキャッツ対ニューヨーク・ニックス戦は、102-97でアウェイのボブキャッツが勝利した。

ボブキャッツは早くも今季2勝目。

4戦を終えて2勝2敗の勝率5割をキープしている。

この試合で勝敗をわけたのは、やはりリバウンドだろう。

ボブキャッツの35リバウンドに対し、ニックスは33リバウンド。

ニックスの守護神、タイソン・チャンドラーがケンバ・ウォーカーと衝突し、右足負傷により退場したことも大きな要因といえるが、ボブキャッツにとってリバウンドで圧倒的できたのは大きい。

第3Q中盤に肩を痛め、第4Q中盤までロッカールームで治療を受けていたエースのケンバ・ウォーカーは、「あの瞬間はあまり気分が良くなかったよ。なんか肩がポンって鳴ったしね。でも今は大丈夫。X線検査でも問題なかったよ」とコメントした。

一方のニックスは、チャンドラーの不在をアマレ・スターダマイヤーやケニオン・マーティンらが埋めるものの、チャンドラーほど相手にとって驚異となることができず。

エースのカーメロ・アンソニーはゲームハイとなる32得点を記録したが、乱発感が否めない試合に。

「自分たちで墓穴を掘ってしまったよ。反撃したかったけど、残り時間が少なすぎた。こんな夜もあるさ」と敗因を語った。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ボブキャッツ31331820102
ニックス2826222197

シャーロット・ボブキャッツ スタッツ

先発メンバー

  • マイケル・キッド・ギルクリスト
  • ジョシュ・マクロバーツ
  • ビスマック・ビオンボ
  • ジェラルド・ヘンダーソン
  • ケンバ・ウォーカー

得点

  • ケンバ・ウォーカー:25
  • ジェラルド・ヘンダーソン:18
  • マイケル・キッド・ギルクリスト:16

アシスト

  • ケンバ・ウォーカー:6

リバウンド

  • マイケル・キッド・ギルクリスト、ジェラルド・ヘンダーソン:8

チームアベレージ

  • FG成功率42.3%
  • 3P成功率38.1%
  • FT成功率81.0%
  • ターンオーバー:22

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー

  • カーメロ・アンソニー
  • アンドレア・バルニャーニ
  • タイソン・チャンドラー
  • レイモンド・フェルトン
  • イマン・シャンパート

得点

  • カーメロ・アンソニー:32
  • メッタ・ワールドピース:18
  • レイモンド・フェルトン、イマン・シャンパート:14

アシスト

  • カーメロ・アンソニー、レイモンド・フェルトン、イマン・シャンパート:2

リバウンド

  • レイモンド・フェルトン、メッタ・ワールドピース:6

チームアベレージ

  • FG成功率42.7%
  • 3P成功率28.6%
  • FT成功率82.6%
  • ターンオーバー:14

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ケビンマーティンて。

    • By nba-sweetdays

      >匿名さん
      ご指摘ありがとうございます。
      修正いたしました。

*

CAPTCHA