【スポンサーリンク】

【NBA】ミネソタ・ティンバーウルブズvsロサンゼルス・レイカーズ 11月11日結果

【NBA】ミネソタ・ティンバーウルブズvsロサンゼルス・レイカーズ 11月11日結果

日本時間11月11日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対ロサンゼルス・レイカーズ戦は、113-90でアウェイのウルブズが大勝した。

2007年以来レイカーズに22連敗を喫していたウルブズだが、この窮地を救ったのがケビン・ラブ、ケビン・マーティン、リッキー・ルビオのビッグスリーだ。

序盤で存在感を示したのは、ケビン・ラブ。

第1Qでチームが挙げた47得点のうち、18得点をラブひとりで記録。

その後も安定したプレイを見せたラブは、この試合で25得点、13リバウンドのダブルダブルを達成した。

さらに、ケビン・マーティンもFG23本中11本を含む27得点、2スティールを記録。

そして極めつけはルビオだ。

ウルブズの若きポイントガードは12得点に終わったものの、10リバウンド、14アシストのトリプルダブルを達成。

しかも5スティールまで記録している。

ニコラ・ペコビッチやJJ・バレアも期待通りの働きをみせ、相性の悪いレイカーズを圧倒した。

ラブは試合を振り返り、「レイカーズにはずっと勝ててなかったけど、俺個人としても責任を感じていたよ。これまでウルブズでプレイしていた選手たちがレイカーズに勝てなかったことも知ってる。だから、俺たちはなんでこれまでレイカーズに勝てなかったのか話し合ったんだ。数字的なことじゃなく、試合の内容についてね。だって俺たちは過去じゃなくて今戦ってるんだから」とコメント。

2010年のレブロン・ジェイムス以来となるレイカーズ相手にトリプルダブルを達成したルビオは、「みんなショットが入ってたね。(レイカーズに)22連敗してたことは知ってた。今日は良いゲームができたし、連敗も止まって良かったよ」と話している。

一方のレイカーズは、スティーブ・ナッシュが腰痛を訴え、わずか約13分のプレイで退く事態に。

昨季から故障に悩まされているナッシュだが、専門医に明日診察してもらう予定だという。

11得点、11リバウンド、4ブロックショットを記録したパウ・ガソルは、第1Qにみせたウルブズのオフェンスについて、「1Qで47得点って・・・とんでもない数字だよ」と驚嘆を隠せない様子。

また、レイカーズのマイク・ダントーニHCは、「彼ら(ウルブズ)はタフショットも決めてたね。どんなショットを決めたかは気にしないけど、我々のディフェンスがソフトだった」と試合を振り返った。

1Q2Q3Q4QTOTAL
ウルブズ47202323113
レイカーズ2325281490

ミネソタ・ティンバーウルブズ スタッツ

先発メンバー

  • コーリー・ブリュワー
  • ケビン・ラブ
  • ニコラ・ペコビッチ
  • ケビン・マーティン
  • リッキー・ルビオ

得点

  • ケビン・マーティン:27
  • ケビン・ラブ:25
  • コーリー・ブリュワー:17

アシスト

  • リッキー・ルビオ:14

リバウンド

  • ケビン・ラブ:13
  • ニコラ・ペコビッチ、リッキー・ルビオ:10

チームアベレージ

  • FG成功率48.9%
  • 3P成功率50.0%
  • FT成功率78.9%
  • ターンオーバー:21

ロサンゼルス・レイカーズ スタッツ

先発メンバー

  • ニック・ヤング
  • パウ・ガソル
  • クリス・ケイマン
  • スティーブ・ブレイク
  • スティーブ・ナッシュ

得点

  • スティーブ・ブレイク:19
  • ジョディ・ミークス:16
  • パウ・ガソル:11

アシスト

  • スティーブ・ブレイク:8

リバウンド

  • パウ・ガソル:11
  • ジョーダン・ヒル:9

チームアベレージ

  • FG成功率38.0%
  • 3P成功率38.5%
  • FT成功率55.6%
  • ターンオーバー:18

リッキー・ルビオのトリプルダブル動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA