【スポンサーリンク】

デレック・フィッシャー 現役引退を決断か?

オクラホマシティ・サンダーのベテランポイントガード、デレック・フィッシャーは、今季限りで現役を引退するかもしれない。

敗戦のショックから未だ立ち直れずにいるフィッシャーは、今後のことをまだ決めきれずにいるようだ。

現在の心境と今後について、次のように話している。

「プレイヤーとしてコートに立つのが最後かもしれないと思うと、感情が溢れてきたんだ」

「まだ傷が癒えてない。数日くれないか?俺の決断次第で影響を受ける人もいるからね。現役を続行するか、それとも他の何かをやるのか、まだ考えられない」

フィル・ジャクソンがニューヨーク・ニックスの球団社長に就任したことにより、フィッシャーにはニックスのヘッドコーチに就任するのではないかという噂がつきまとっている。

また、選手兼アシスタントコーチとして来季もサンダーに留まる可能性も捨てきれない。

「傷があまりに新しすぎる。長いNBAキャリアの終了を意味しているのかもしれない。今はスマートに考えられないんだ。これからのことは真剣に考える。どうするのがベストなのか考えるよ。俺に関係する人やチームのためにも、できるだけ早く決断したいと思う」

フィッシャーは、日本時間2日にスコット・ブルックスHCと話し合う予定だという。

果たしてフィッシャーはどのような決断を下すのか、ブルックスHCとの話し合いの結果に注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA