【スポンサーリンク】

NBA ケビン・ラブのトレードを認めない可能性も

ケビン・ラブのクリーヴランド・キャバリアーズはほぼ確定と伝えられているが、アンドリュー・ウィギンスの契約から30日が経過しなければ、正式にトレードすることはできない。

つまり、今の時点でラブのトレードが合意に至るということは、NBAの規約に反する可能性がある。

当然ミネソタ・ティンバーウルブズとキャブスはラブのトレードを正式に発表していないわけだが、水面下にしろ口約束にしろ、問題となる可能性があるようだ。

また、2014-15シーズン終了後にFAとなるケビン・ラブは、FA権を破棄し、キャブスと延長契約を結ぶとも報じられている。

ラブのトレードにはこの件も盛り込まれていると噂されているが、もしそれが事実と証明された場合、NBAの規約に違反するという。

そのため、このトレードは実現せず、NBAはキャブスとウルブズに罰金処分を下すことになるかもしれない。

キャブスとウルブズは当然それも理解しているはずだが、証拠が見つからなければトレードは成立する。

今後、NBAがどのような動きをみせるか注目したい。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By バスケ大好き

    こいつは朗報。いまだPOにすら出れていないラブにあれだけつけた上で高額契約を結ぶなんて反対なので、是非とも流れて欲しいです。

    しかしこれ、本当に御破談になると一番損するのウルブスですね。なんというか再建に踏み切れないチームというかなんというか。仮にラブがウルブスで開幕をスタートさせたとしても既に求心力を失っていますし、来シーズンはいないことが確定的なのでチームとしても出したいところでしょうが、流れたとしたら相当に足元を見られたトレード内容になるはずです。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      そうですねー来季終了後に出て行かれるよりマシですしね・・・
      ただ、ウィギンスはウルブズ移籍を希望してるみたいです!

  2. By kobe24

    レイカーズとホーネッツ(現ペリカンズ)のクリス・ポールやガソル、オドムを含んだトレードはリーグが口出ししましたよね(・ω・)ノ
    理由はNBAの勢力図を崩しかねないとかそんな理由でした(・ω・)ノ当時はホーネッツがオーナー未定で暫定的にリーグの所有物だったって事もあったんだろうけど(・ω・)ノ今回の件もNBAの勢力図を崩しかねないという点では同じだと思ってます(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      懐かしいですね!
      どうなるかは分からないですけど、個人的にはウィギンス残留推しですm(_ _)m

*

CAPTCHA