【スポンサーリンク】

ブルック・ロペス「これまでより良くなる自信がある」

ブルックリン・ネッツのセンター、ブルック・ロペスは、怪我からの復帰に自信を持っている。

元クリーヴランド・キャバリアーズのセンター、ジードルナス・イルガスカスもロペスと同様の怪我を負い、ベンチ起用されることが多くなったため、ロペスの復帰にも不安が残るところだが、ロペス本人は完全復活を信じているようだ。

「これまでより良くなる自信がある。だから俺たち(ロペスとイルガスカス)のタイムテーブルは違うと思うよ。もう完全にプレイできる状態なんだ」

2013-14シーズンはわずか17試合の出場に終わったものの、ロペスは平均20.7得点、FG成功率56.3%、効果率25.4%を記録。

ロペスが記録した効果率は、ケビン・デュラント、レブロン・ジェイムス、ケビン・ラブ、アンソニー・デイビス、デマーカス・カズンズ、クリス・ポールに次ぐNBA7位の数字だ。

なお、ロペスの離脱後、ジェイソン・キッドHCはスモールラインナップに切り替え、プレイオフ進出を果たしている。

新シーズンからライオネル・ホリンズHC体制となるが、おそらくホリンズHCのシステムでロペスは重要な役割を担うことになるだろう。

まだ、26歳と若いだけに、今後の活躍にも期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA