【スポンサーリンク】

ステフェン・カリー「ウォリアーズのバックコートがリークベスト」

先日、ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールがリーグベストのバックコートについて「俺とブラッドリー・ビール」と発言した。

これを追うように、クリーヴランド・キャバリアーズのディオン・ウェイターズも自身とカイリー・アービングのバックコートがリーグベストと反論。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフェン・カリーとクレイ・トンプソンのバックコートには及ばないかもしれない。

カリーはリーグベストのバックコートの議論について次のように話している。

「俺らがベストのバックコートだと思うよ。こないだラッセル(・ウェストブルック)がリーグNo.1のポイントガードにラッセル自身をあげてたけど、みんな自信を持ってなきゃいけないんだ。もしリーグで2番目のバックコートって言おうものなら、彼らのとこに行って一日中からかうね」

ウィザーズとキャブス、ウォリアーズのバックコートを比較した場合、現時点でリーグベストと言えるのはおそらくウォリアーズだろう。

キャブスのバックコートはプレイオフで戦ったことがなく、またウィザーズのウォールとビールはチームUSAのトレーニングキャンプに召集されるも、代表落ちしてしまった。

一方、ウォリアーズのカリーとトンプソンはプレイオフで戦った経験もあり、チームUSAの主力メンバーとしてFIBAバスケットボール・ワールドカップでの金メダル獲得に貢献している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA