【スポンサーリンク】

ピストンズ トレード獲得のレジー・ジャクソンと長期契約を検討か?

レジー・ジャクソン

トレードでオクラホマシティ・サンダーからデトロイト・ピストンズへ移籍したレジー・ジャクソンは、ブランドン・ジェニングスがアキレス腱断裂で離脱していることにより、念願の先発の座を手に入れた。

そのジャクソンは、今季終了後にFAとなる。

ジャクソンをトレードで獲得して以来、ピストンズは大きく負け越しているが、ピストンズの球団社長兼ヘッドコーチにスタン・バン・ガンディはジャクソンとの長期契約を検討しているようだ。バン・ガンディHCのコメントをMLive.comが伝えた。

 

「我々は彼に託されてるんだ。長期にわたってね。これはトライアウトじゃない」

今季の成績次第ではジャクソンと再契約を結ばない可能性があると思われるも、現時点では再契約の可能性が高いようだ。

とは言え、ピストンズは現在10連敗。
成績がこれ以上悪化するようであれば、バン・ガンディHCの考えも変わるかもしれない。

もしくは再契約したとしても、ジェニングスのバックアップとして起用され続けることになるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    自分もジェニングスが復帰した後に不満を漏らさないか不安ですね(・ω・)ノ個人的には他に移籍したほうがいいと思ってます(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      おそらくですが、バックアップに回るんじゃないでしょうか。
      いろんなハプニングがあれど、今10連敗中ですしね(;_;)

      それを受け入れられるかどうか・・・

*

CAPTCHA