【スポンサーリンク】

ラリー・バード ポール・ジョージの復帰に慎重姿勢を崩さず

ポール・ジョージ

今週中の復帰が期待されていたインディアナ・ペイサーズのポール・ジョージだが、復帰時期に遅れが出る可能性があるようだ。

ジョージ自身が復帰の具体的なスケジュールについては名言していないものの、すでにチームの練習に加わっているため、復帰は近いと見られていた。

ラリー・バードによると、ジョージはまだ完全復活とは言えない状態にあるが、今季中の復帰を期待しているという。バードのコメントをESPNが伝えている。

 

「彼は良くなってきてるよ。今週中にいくつかテストを受けなければならないと思う。彼がどこまで回復してるのか把握するためにね。医師からプレイの許可は下りたと思うけど、明らかに好調じゃない。ただプレイする許可が下りただけであって、プレイするシェイプに戻ったということじゃないんだ。コンディションが整うまで、彼には実戦復帰してもらいたくない。もう少し良くなるのを見たい」

「彼は試合に出たいと思ってるだろうね。(今季の)数試合でプレイして、夏にすべきことを把握する。100%の状態を取り戻すために。彼ならそうするだろう」

「彼は今季中にプレイすると思うよ。プレイオフ進出を助けるためじゃなくて、彼自身を良くするためにそうしてほしい。あのような怪我から復帰するときは、コートで自分自身を証明しなきゃいけないんだ。でも、彼はまだ100%には至ってない」

ジョージは8月に開催されるチームUSAのミニキャンプ参加を希望しているが、その場もジョージの完全復活を促進するだろう。

なお、ジョージ本人は「100%に戻るまで復帰しない」と明言している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA