【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス 選抜漏れのシャリーフ・オニールを激励

シャキール・オニールの息子であるシャリーフ・オニールは、将来有望株のひとりだ。

だが、マクドナルド・オールアメリカンチームに選出されなかった。

オニールは失意の中、マクドナルド・オールアメリカンチームに選出されたプレイヤーたちに激励のコメントを送り、応援してくれたファンに感謝の意を表したが、そのオニールに偉大なプレイヤーから激励の言葉が届いたようだ。

「すべては完璧にいかないね。俺は前に進み続けるよ。傷ついたけど、俺は止まらない」とコメントしたオニールに対し、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスがSNSを通し、オニールに激励の言葉を送ったという。

ジェイムスは「毎日学び、トレーニングしろ。トンネルの先には明るい光が待っている」とアドバイスを送ったというが、この言葉はオニールに深く響いたようだ。オニールのコメントをvh1.comが伝えている。

「レブロンから金言が届いた。俺はいつもレブロンを尊敬してる。彼は俺のことをいつもファミリーのように扱ってくれるからね。彼はファミリーさ」

一方、好きなチームとプレイヤーについて質問されたオニールは、キャブスとジェイムズを挙げたものの、ドラフトで指名されたいチームにはロサンゼルス・レイカーズを挙げている。

今回の選抜漏れをモチベーションに変え、偉大な父やジェイムスと同じようにスーパースターに成長してもらいたいものだ。

なお、マット・バーンズもオニールの選抜漏れに疑問を感じ、次のようにコメントしている。

「マクドナルドはシャリーフ・オニールをオールアメリカンチームに選出しないという大きなミスを犯した。俺の双子の子供たちにはもうマクドナルドの6ピースチキンナゲットを食べさせない」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA