【スポンサーリンク】

ニックス デイビッド・フィッツデールHC雇用はレブロン・ジェイムス獲得への布石?

再建中のニューヨーク・ニックスは2017-18シーズン終了後、ヘッドコーチを務めていたジェフ・ホーナセックを解雇した。

そして先日、デイビッド・フィッツデールを新ヘッドコーチとして雇用。

フィッツデールをヘッドコーチに雇用したのは、リーグを代表するスーパースター獲得へ向けた布石のひとつなのかもしれない。

nypost.comによると、ニックスはFAになる見込みであるレブロン・ジェイムス獲得を狙っているという。

フィッツデールはアシスタントコーチを務めていたマイアミ・ヒート時代にジェイムスと親交を温め、ジェイムスもフィッツデールに絶大な信頼を寄せている。

フィッツデールがメンフィス・グリズリーズのヘッドコーチを解雇された後、突然の解雇に苦言を呈したほどだ。

ただし、ニックスがジェイムスを獲得するにはキャップスペースを整理しなければならない。

現時点で放出候補に挙がっているのが、コートニー・リー、エネス・カンター、カイル・オクイン。

とはいえ、ジェイムスがニックスに興味を持っているかは定かではない。

ジェイムスがオプションを破棄したら、すさまじい獲得レースが繰り広げられることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA