【スポンサーリンク】

ジェイソン・キッド、スポーツマンシップ賞を受賞

ニューヨーク・ニックスでポイントガードとして活躍したベテラン選手、ジェイソン・キッドがスポーツマンシップ賞を受賞した。

キッドが同賞を受賞するのは2年連続。

これまでにキッドと同期のグラント・ヒルが複数回受賞しているが、2年連続での受賞はキッドが初となる。

スポーツマンシップ賞は、チャリティ活動に力を入れている選手やフェアプレイに徹している選手に贈られる賞だ。

コート外で世間を騒がせたこともあるキッドだが、さすが40歳のベテランともなると落ち着いてきたのかもしれない。

ちなみに、スポーツマンシップ受賞者には“ジョー・デュマース・トロフィー”が贈られる。

トロフィー名は、かつてデトロイト・ピストンズで活躍したジョー・デュマースから来ており、初年の受賞者がデュマースだった。

キッドは若者の育成、そして多くの若者たちが人生で成功できるよう、自身で“ジェイソン・キッド基金”を設立。

今回の受賞で、ジェイソン・キッド基金にはNBAから10,000ドルの寄付金が贈られることになった。

J・キッド ハイライトムービー

スポーツマンシップ受賞候補選手として、ルオル・デン(シカゴ・ブルズ)、ステフェン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、マイク・コンリー(メンフィス・グリズリーズ)、ニック・コリソン(オクラホマシティ・サンダー)、ジャミーア・ネルソン(オーランド・マジック)の名が挙げられていた。

各選手ともそれぞれ慈善団体を設立しており、各団体にはNBAから5,000ドルが贈られる。

キッドはMr.トリプルダブルの異名を持ち、トリプルダブル数でNBA歴代3位となる107回を記録。
5位はラリー・バード(59回)、4位はウィルト・チェンバレン(78回)、2位はマジック・ジョンソン(138回)、1位はオスカー・ロバートソン(181回)となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA