【スポンサーリンク】

ジェイソン・キッドHC 「連戦時はKGに休養を与えたい」

2012-13シーズン、ボストン・セルティックスでプレイオフ進出を果たしたケビン・ガーネットだが、このオフには引退も考えていたという。

37歳のガーネットは引退を踏みとどまり、ポール・ピアース、ジェイソン・テリーとともにブルックリン・ネッツへの移籍を決断した。

K・ガーネット ハイライトムービー

 

オールスター級の選手を揃えることになったネッツだが、2013-14シーズンから指揮を執るジェイソン・キッドHCがガーネットの起用法について語った。

「連戦のとき、彼を連続出場させないつもりだよ。我々のチームにはタレントが揃ってるしね。このことについては彼とも話し合ったし、プレイオフにはフレッシュな状態で臨みたいんだ」

また、キッドHCはガーネットの出場時間も抑える方針であることも明かしている。

引退が囁かれ始めているガーネットだが、リーグ随一のタレントを擁するチームで自身2個目となるチャンピオンリング獲得(2008年、セルティックスで優勝を経験)なるか注目したい。

K・ガーネット キャリアTOP10ムービー
2012-13シーズンスタッツ
  • 平均14.8得点
  • 平均7.8リバウンド
  • 平均2.3アシスト
  • FG成功率49.6%(リーグ33位)
  • FT成功率78.6%
  • ダブルダブル19回(同34位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA