【スポンサーリンク】

ロイ・ヒバートの「自己中男」発言はランス・スティーブンソンに向けられたもの?

2013-14シーズン後半に突如として不調に陥ったインディアナ・ペイサーズだが、3月末の対ワシントン・ウィザーズ戦で敗れた後、ロイ・ヒバートはあるチームメイトについて言及していた。

「ここ(ペイサーズ)には自己中な男がいる」

このコメントが誰に向けられものなのか、当時様々な憶測が飛び交った。

ジョージ・ヒル、エバン・ターナー、ランス・スティーブンソンらがその矛先として噂されていたのだが、どうやらスティーブンソンに向けられたものだったようだ。

シーズン前半で目覚しい成長をみせたスティーブンソンは、オールスターに選出されなかったことで変わってしまったという。

オールスターに選ばなかったことを周りに後悔させるためか、スティーブンソンはコート上で見返そうとし、ボールを回さなくなってしまったのだ。

スティーブンソンのリベンジバスケにより、ペイサーズは極度の不振に陥る。

問題解決のために選手ミーティングを開催したものの、スティーブンソンはミーティングに参加しなかったこともあったようだ。

スティーブンソンはペイサーズにとって一種のワイルドカード。

うまくハマれば、ペイサーズの大きなオプションとなるだろう。

しかし、うまくいかなければドツボにはまってしまうリスクも否めない。

現在行われているプレイオフ・カンファレンスファイナルで、マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスに火をつけたのもスティーブンソンだ。

今季終了後にFAとなるスティーブンソンだが、ペイサーズは契約延長をかつて示唆していた。

だが、今となってはそれも分からない。

JR・スミスに似た匂いを感じるスティーブンソンだけに、さらなる飛躍を遂げるためには人間的な成長も必要になるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By けん

    でもレブロンの5つ目のファウルを誘ったのはランスですよね?

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      シーズンを通してみるとリスクがあるのかもしれませんね。
      ランスもFA権を行使すると以前話していたので、ペイサーズの考え次第になりそうです。

  2. By あぶさん

    昨日の試合のスティーブンソンひどかった。息ふきけたり、スパイみたいなことしたりw

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かに行き過ぎてましたね。
      JR・スミスを彷彿とさせるような・・・

*

CAPTCHA