【スポンサーリンク】

ジェイソン・テリー ファイナルでのエアコン故障について「わざと」

2013-14シーズンは341人のNBA選手がサンアントニオを訪れ、AT&Tセンターでプレイした。

少なくともその中の数人は、NBAファイナル第1戦でのエアコン故障についてスパーズの計画だと思っているかもしれない。

ダラス・マーベリックス所属時代、プレイオフでスパーズと3度対決したことがある現サクラメント・キングスのジェイソン・テリーもそのひとりだ。

「ポップ(グレッグ・ポポビッチHC)はこれまでの何回かあんなことをやってるんだ。それが戦略なのかは分からない。でも、サンアントニオでのプレイはタフだよ」

「シャワーが冷たかったり、ロッカールームに1000匹ものハエがいたりしたこともあった。今年はヘビがロッカールームにいた事件もあったよね。彼らは考えられる限りのことをやってくるんだ」

「サンアントニオに行くときは、そんなことがあるって頭に入れておかないとね。マイアミはそれの犠牲になってしまったんだよ」

ただ、エアコンの故障についてはポポビッチHCひとりでできることではない。

AT&Tセンターのスタッフと協力しなければ実行できないと思われるが、すべての関係者は”意図的”にやったことを外部に漏らしてはならない。

情報漏えいのリスクを考えれば、ポポビッチHCが独断でエアコン機能を停止させることはないだろう。

ただ、AT&Tセンターで数々の事件が起きているというのも疑いのない事実だ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By バスケ大好き

    なんとなく「暑さ対策のため、締め切って練習をしました」という赤木キャプテンの言葉を思い出しました(笑)
    まあこれ自体は冗談でよく仲間内では言ってましたが、ポポならしそうとは思うけどさすがに冗談であって本気でそんなことをしたとは思ってません。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)
      さすがに故意じゃないですよね(笑)
      AT&Tセンターはいろんなハプニングがあるので、面白いですw

*

CAPTCHA