【スポンサーリンク】

D・ハワードがM・ダントーニHCとK・ブライアントの解雇を要求していた?

情報筋によると、ドワイト・ハワードがロサンゼルス・レイカーズに残留する条件として、マイク・ダントーニHCの解雇、そしてコービー・ブライアントへのアムネスティ条項適用、もしくは言論の抑圧を要求していたことが明らかになった。

レイカーズのフロントはハワードに対してもう1年我慢するよう伝えたが、ハワードにとっては耐え難いことだったようだ。

一方、レイカーズ首脳陣のひとり、ジム・バス氏は、長年に渡るブライアントの貢献度を称え、ハワードよりブライアントを尊重するコメントを出している。

「ブライアントはフランチャイズプレイヤーとしてチームを支えてくれている」

そう語るバス氏だが、レイカーズにはハワードを留めておくに充分な資金があった。
ただ、ハワードの残留はレイカーズにとって代償が大きかったようだ。

レイカーズとしても、不協和音となるリスクは極力避けたかったのだろう。

ハワードのヒューストン・ロケッツ移籍決定後、すぐにTwitterのフォローを解除したブライアントだが、2013-14シーズンは両選手の激突も話題となりそうだ。

K・ブライアント&D・ハワード ハイライトムービー
ドワイト・ハワード 2012-13シーズンスタッツ
  • 平均17.1得点(リーグ27位)
  • 平均12.4リバウンド(同1位)
  • 平均1.4アシスト
  • 平均2.45ブロック(同5位)
  • 平均1.11スティール(同44位)
  • FG成功率57.8%(同2位)
  • FT成功率49.2%
  • ダブルダブル48回(同2位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA