【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズvsオクラホマシティ・サンダー 12月2日結果

ミネソタ・ティンバーウルブズvsオクラホマシティ・サンダー 12月2日結果

日本時間12月2日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対オクラホマシティ・サンダー戦は、103-113でホームのサンダーが勝利した。

この試合で勝利の立役者といえば、やはりサンダーのエース、ケビン・デュラントだろう。
序盤からハイペースで得点を重ねたデュラントは、32得点、10リバウンド、12アシスト(キャリアハイ)を記録し、キャリア4度目となるトリプルダブルを達成した。
さらには4スティール、4ブロックショットと驚異的なパフォーマンスをみせ、ホーム9連勝に貢献した。

デュラントは試合後、
「とにかく勝てて良かった。序盤のディフェンスは良くなかったけど、彼ら(ウルブズ)のFG成功率を41%に抑えたことは本当に大きいよ。特にビッグマンが頑張ってくれたんだ。ウルブズのビッグマンをうまく抑えてくれたしね。彼らからエネルギーをもらったのさ」
とチームメイトを称えている。

一方、昨季をサンダーでプレイしていたケビン・マーティンは、24得点、6リバウンド、2スティールを記録するも、古巣を相手に勝利ならず。

第3Q終了時までに5点のリードを奪っていたウルブズだが、リック・アデルマンHCは、
「タフなゲームだったよ。最初の3Q、選手たちはよく戦ってくれた。ボールを回せてたしね。第4Qはスモールラインナップで挑んだんだけど、コミュニケーションミスがあったんだ。そこから彼ら(サンダー)に主導権を握られてしまったね」
と試合を振り返った。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ミネソタ・ティンバーウルブズ 32 26 25 20 103
オクラホマシティ・サンダー 26 29 23 35 113

ミネソタ・ティンバーウルブズ スタッツ

先発メンバー

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー
ウルブズvsサンダー ハイライト動画
K・デュラント ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA