【スポンサーリンク】

デトロイト・ピストンズvsブルックリン・ネッツ 11月25日結果

日本時間11月25日に行われたデトロイト・ピストンズ対ブルックリン・ネッツ戦は、109-97でアウェイのピストンズが勝利した。

勝負が決まったのは第3Qだ。
ハーフタイムまでに7点のリードを許していたピストンズは、ロドニー・スタッキーらを中心に猛攻を仕掛け、第3Qだけで34-15と圧倒。
第4Q終盤ではジョー・ジョンソンの3Pにより点差を詰められる場面も見られたが、その後のファウルゲームで得たフリースローを確実に沈め、追いすがるネットを突き放した。

ベンチ出場ながらもシーズンハイの27得点を挙げたスタッキーは、
「コートに入ったときはエネルギッシュにプレイしようと思ってるんだ。チームもそれを期待してるしね。もちろん得点も期待されてる。それが俺の仕事なんだ」
とコメントしている。

一方、優勝候補の一角に挙げられながらも厳しい状況が続くネッツは、これで5連敗。
3勝10敗と大きく負け越している。

デロン・ウィリアムス、ブルック・ロペス、ジェイソン・テリー、アンドレイ・キリレンコといった主力選手を欠くものの、チームにはポール・ピアース、ケビン・ガーネット、ジョー・ジョンソンといったオールスター選手がいるため、信じられないような成績といえるだろう。

ガーネットは、
「厳しいときが続いてるんだ。第3Qではリーグ最低のチームに成り下がってしまった。受け入れられる結果じゃないね」
とコメント。

また、19得点を挙げたポール・ピアースは、
「3勝10敗とか3勝11敗とか数字を見るのが辛いよ。負傷してる選手が多いけど、俺らは今日みたいな試合に勝てる力を持ってるんだ」
と話している。

今季からチームの指揮を執るジェイソン・キッドHCは、
「今は我々にボールが転がってきてないだけ。チーム一丸となってプレイしていくよ」
と楽観視しているようだ。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
デトロイト・ピストンズ
23 21 34 31 109
ブルックリン・ネッツ
19 32 15 31 97

デトロイト・ピストンズ スタッツ

先発メンバー

ブルックリン・ネッツ スタッツ

先発メンバー
ピストンズvsネッツ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA