【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「アンドレア・バルニャーニは生贄にされた」

日本時間12月6日に行われたニューヨーク・ニックス対ブルックリン・ネッツ戦の第4Q、アンドレア・バルニャーニとケビン・ガーネットがもつれ合い、一時乱闘騒ぎへと発展した。

この騒ぎでバルニャーニとガーネットにはそれぞれテクニカルファウルがコール。

バルニャーニはその約1分後にもテクニカルファウルをコールされ、退場処分が下されている。

優勝候補に挙げられながらも、互いに苦戦を強いられている両チームだが、その不満がバルニャーニとガーネットの小競り合いをもたらしたといっても良いかもしれない。

そして、ホームのネッツに有利に働いたともいえるだろう。

一連の出来事についてニックスのエース、カーメロ・アンソニーは、「今夜、彼(バルニャーニ)は生贄にされたんだよ。でも、彼の行為は価値あることなんだ」とバルニャーニを擁護している。

この試合でネッツに快勝したニックスは、依然としてイースタン・カンファレンス14位に低迷。

だが、13位のネッツとは僅差だ。

この順位で戦っている両チームを見るのも複雑だが、今後勝ち上がってくることを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA