【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズvsオクラホマシティ・サンダー 12月14日結果

ロサンゼルス・レイカーズvsオクラホマシティ・サンダー 12月14日結果

日本時間12月14日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対オクラホマシティ・サンダー戦は、97-122でホームのサンダーが圧勝した。

ケビン・デュラントを中心にオフェンスを展開するサンダーは、第1Qだけで大量38得点(レイカーズは28得点)を記録。
その後もすべてのクオーターでレイカーズの得点を上回り、危なげなくホーム11連勝を飾った。
同時にホームでの対レイカーズ戦も4連勝を記録している。

31得点、8リバウンド、4スティール、1ブロックショットを挙げたデュラントは、
「今日はみんな良い仕事をしてたし、ディフェンスでも最後までハードにプレイした。まだ4月のことは考えられないよ。今日の勝利はもう過去のものだしね」

「俺たちはもっと良くなれるんだ。まだやらなきゃいけないことがたくさんある。ディフェンスへの切り替え、リバウンド、パスワークとかね。オフェンスはもっと流れを掴めるようにならないといけないかな。でも、チームケミストリーは高まってきてるんだ。それが最も重要なことだよ」
と気を引き締めなおした。

一方、スティーブ・ナッシュ、スティーブ・ブレイク、ジョーダン・ファーマーを欠き、ポイントガード不在のレイカーズだが、この試合で復帰3戦目となるコービー・ブライアントがゲームメイク。
だが、13アシストを記録するも、FG6本中2本の4得点、7ターンオーバーと精細を欠く内容に終わっている。
ブライアントが一桁得点で終わるのは、復帰後2回目だ。

苦しい采配を強いられているマイク・ダントーニHCは、
「彼ら(サンダー)は良いチームだよ。我々のディフェンスはひどかった。オフェンスリバウンドもね。我々にとって(ディフェンスとオフェンスリバウンドが)ずっと課題となってるんだ。ターンオーバーも多過ぎる。彼らはコンビネーションも良かったから、我々に勝てたんだよ」
と鼻息荒く話し、会場を後にした。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ロサンゼルス・レイカーズ 28 23 23 23 97
オクラホマシティ・サンダー 38 28 28 28 122

ロサンゼルス・レイカーズ スタッツ

先発メンバー

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー
レイカーズvsサンダー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA