セス・カリー キャブスと10日間契約を締結

【スポンサーリンク】

セス・カリー

Dリーグのサンタクルーズ・ウォリアーズでプレイしていたステフェン・カリーの実弟、セス・カリーが、クリーヴランド・キャバリアーズと10日間契約を結んだ。

セス・カリーのキャブスデビューは、早くて日本時間23日の対ヒューストン・ロケッツ戦になる見込み。

2013-14シーズンにゴールデンステイト・ウォリアーズでNBAデビューを果たしたセス・カリーだが、出場機会を得ることができず、サンタクルーズ・ウォリアーズへ移籍。
その後、メンフィス・グリズリーズと契約するも、結果を残すことができず、再びサンタクルーズ・ウォリアーズでプレイしていた。

キャブスではエースのカイリー・アービングが負傷欠場。
さらにルオル・デンも足首の捻挫で欠場しており、苦しいロスターでの戦いを余儀なくされている。

デューク大で最後となる2012-13シーズンには平均17.5得点、FG成功率46.5%、3P成功率43.8%、Dリーグでは今季36試合の出場で平均19.4得点、FG成功率43.4%、3P成功率36.2%を記録しているセス・カリーだけに、キャブスでの開花を期待したいところだ。

なお、カリー兄弟の父親、デル・カリーは、1987-88にキャブスでプレイしていた。

セス・カリー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA