【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイドがバブル内の選手たちに積極的に関与?

ドウェイン・ウェイドがバブル内の選手たちに積極的に関与?

オーランドのバブル内にいるNBA選手たちは現地26日夜と同27日午前、緊急ミーティングを開催した。

ミーティングの中ではNBAシーズンを続行するか中止するかについても話し合われたというが、最終的にはシーズン続行の結論に達したと報じられている。

同日にはNBAチームのオーナーたちによるオンラインミーティングも開催され、NBAで唯一の黒人マジョリティオーナーであるマイケル・ジョーダンも参加。

ジョーダンは事前にクリス・ポールとラッセル・ウェストブルックに接触し、話を聞いたうえでオーナーミーティングに参加したというが、選手たちに働きかけたのはジョーダンだけではなかったようだ。

オーランドに滞在している記者によると、未来のNBAレジェンドであるドウェイン・ウェイドもバブル内の選手たちに積極的に連絡し、話を聞いているという。

ウェイドは”バナナボートクルー”の一員であり、バブル内で生活しているレブロン・ジェイムスやクリス・ポール、カーメロ・アンソニーとは長年の親友だ。

彼らは大きな発言力を持つスタープレイヤーであるため、彼らと深いつながりがあり、TNTクルーとして働いているウェイドは、まさにうってつけの橋渡し役といえるかもしれない。

なお、選手たちは各NBAチームのオーナーたちに対し、金銭的な支援活動だけでなく、実際に行動を起こすよう求めていると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA