【スポンサーリンク】

ビンス・カーター 出場時間確保可能なチームと契約希望

42歳のベテランスウィングマンであるビンス・カーターは、来季も現役を続けることを表明している。

だが、多くのFAプレイヤーが所属先を決めている中、完全FAになったカーターの所属先はまだ決まっていない。

この状況が続くと現役引退を余儀なくされる可能性もあるが、カーターはベンチを温めるのではなく、あくまでコートでプレイすることにこだわっているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ラジオ番組に出演したカーターは、新たなチームと契約する条件として「一定の出場時間が約束されること」を挙げたという。

多くのチームは若手に多くの出場機会を与え、成長を促している。

経験豊かなカーターには出場機会ではなく、ベテランとしてのリーダーシップ、そしてメンターの役割を求めると思われるが、コートでプレイするカーターを見たいというファンも多いだろう。

果たしてカーターの希望を受け入れるチームは現れるのだろうか。

なお、昨季のカーターはアトランタ・ホークスでレギュラーシーズン76試合に出場し、平均17.5分のプレイで7.4得点、2.6リバウンド、1.1アシスト、0.6スティール、FG成功率41.9%、3P成功率38.9%を記録。

キャリア21年を通してトロント・ラプターズ、ニュージャージー・ネッツ、オーランド・マジック、フェニックス・サンズ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、サクラメント・キングス、ホークスでレギュラーシーズン通算1481試合に出場し、平均30.7分のプレイで17.2得点、4.4リバウンド、3.2アシスト、1.0スティール、FG成功率43.7%、3P成功率37.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA