【スポンサーリンク】

ヒートのジョエル・エンビード獲得へ向けたトレード案とは?

ヒートのジョエル・エンビード獲得へ向けたトレード案とは?

ボストン・セルティックスにファーストラウンドでスウィープされてオーランドを去ることになったフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、このオフシーズン中にロスターの調整に動くと見られている。

相性が悪いとされるオールスターのジョエル・エンビードもしくはベン・シモンズをトレードで放出するという噂が出たが、ゼネラルマネージャーのエルトン・ブランドがこれを否定。

今後もエンビードとシモンズを中心としてやっていくことを明言した。

とはいえ、トレードマーケットでは何が起こるか分からない。

チーム力の向上につながるオファーがあれば、トレードに応じる可能性は十分あると言えるだろう。

そんな中、fadeawayworld.netがあるトレード案を提案した模様。

fadeawayworld.netによると、ヒートはバム・アデバヨ、ケンドリック・ナン、ケリー・オリニーク(プレイヤーオプション)、ダンカン・ロビンソンをセットにしてオファーすれば、シクサーズはジョエル・エンビードを放出するという。

ヒートはオフシーズン中にNBAスーパースターをもうひとり加えると噂されている。

ジミー・バトラーもそれを望み、フロントオフィスの仕事を信頼しているというが、このトレードはシクサーズにメリットがあるとしてもヒートにメリットがあるとは思えない。

もちろんトレードが実現する可能性はゼロではない。

だが、限りなくゼロに近いと言えそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA