【スポンサーリンク】

ジャレッド・ダドリー「バブルの家族抜きの条件に同意すべきではなかった」

ジャレッド・ダドリー「バブルの家族抜きの条件に同意すべきではなかった」

カンファレンスセミファイナルに進んだNBAチームの選手たちは、バブルに家族を呼ぶことができる。

家族と離れた生活が長く続いていただけに、多くのNBA選手は家族との再会を心待ちにしていることだろう。

そんな中、ロサンゼルス・レイカーズのジャレッド・ダドリーが家族抜きのバブルに言及した模様。

ダドリーによると、プレイオフセカンドラウンドまで家族を呼べないという条件に同意すべきではなかったという。ダドリーのコメントをthescore.comが伝えている。

もう一度バブルをやるなら、家族抜きではできない。

もうない。

ファーストラウンドが終わるまで待てないよ。

僕たちはその条件に同意すべきではなかった。

ここに来るまで僕たちでさえ知らないルールがいくつかあった。

僕たちが何をしようとしていたのか、正確に知らなかったんだ。

ダドリーによると、NBA選手の家族がチームのチャーター機でオーランドに来る場合の隔離期間は4日間だが、民間機で来る場合の隔離期間は7日間に及ぶという。

バブルに関する詳細な条項はNBA選手たちに事前に配布されただろうが、電化製品の説明書のようにじっくり読むに耐えられないようなものだったのかもしれない。

いずれにせよ、ファーストラウンドで敗れたNBA選手たちはホームで、セカンドラウンドに進出したNBA選手たちはバブル内で家族との再会の時間を楽しんでもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA