【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「クラッチタイムの強さは失われない」

ポートランド・トレイルブレイザーズのカーメロ・アンソニーは現地4日、ヒューストン・ロケッツとのシードゲーム終盤に重要な3Pショットを決め、チームを勝利に導いた。

NBAキャリアを通して数々のクラッチショットを決め、ハートの強さを証明してきたアンソニー。

NBAから離れた時間が長く、一時は現役引退も噂されたが、アンソニーによるとクラッチタイムの強さは生まれ持ったものであり、失われることはないという。

アンソニーはクラッチタイムの強さについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

それは失われないと思う。

持っているもの、持っているものだ。

やりたいことだし、そのような状況を喜び、その瞬間を楽しみ、ショットを撃ち、ショットを決めることができると信じなければならない。

高慢になっているわけではなく、あのようなショットを決める瞬間を僕はいつも楽しんでいる。

あの瞬間をいつも楽しんでいる。

チームメイトたちも信じてくれているんだ。

アンソニーは昨年夏にロケッツに加わったもののシーズン序盤に戦力外通知を受け、NBAゲームから長く離れることになった。

そのため、このロケッツ戦はアンソニーにとってリベンジゲームになったとも言えそうだが、アンソニーによると、リベンジを意識してゲームに入ったわけではなかったという。

ただし、ブレイザーズのプレイオフ進出が決まったわけではない。

アンソニーにはまずはブレイザーズをプレイオフ進出に導き、プレイオフで勝負強さを発揮してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA