【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス NCAAからNBAに順応するコツを語る

アンソニー・デイビス

NBA2年目のシーズンを送っているニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスは、今季初めてオールスターに選出された。

今季は平均21.4得点、FG成功率52.7%、10.4リバウンド、2.9ブロックを記録し、今やペリカンズのエースと言っても過言ではないだろう。

ケンタッキー大出身のアンソニーは、ルーキーシーズンこそ十分なパフォーマンスを見せることができなかったが、なぜ2年目にして開花できたのだろうか。

その秘密をデイビス自身が語った。

NBAに入って大変だったことは?

ペースを掴むことかな。あとフィジカルもね。NBAで長く戦い続けてる選手たちとプレイしなきゃいけないからね。もっと簡単に順応できると思ってたよ。NBAでプレイするなら、すぐに強くならなきゃいけないんだ。

ディフェンスも良くなってると言われているけど?

そうは思わない。ディフェンスは変わってないよ。オフェンスは変わったけどね。

そう答えるデイビスだが、2年目にしてNBAにうまく順応し始めたと言える。

デイビスのジャンプショットは精度を増し、ディフェンスでも相手チームへの脅威となっているのは間違いない。

来季、デイビスはさらなる進化を遂げるだろう。

サポート体制がしっかりしていれば、ペリカンズがプレイオフに進出することも夢ではない。

そして、デイビスはこれからNBAに足を踏み入れる若き選手のモデルになるはずだ。

A・デイビス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA