【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「ビーズリーには自分のプレイをしてもらいたい」

日本時間11月13日に行われた対ミルウォーキー・バックス戦の前、マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスがチームメイトのマイケル・ビーズリーに対し、自信を持ってプレイするよう話したという。

ジェイムスは、ビーズリーにプレイスタイルを変えて欲しくないと考えているようだ。

「彼(ビーズリー)は彼のままでいてほしい。俺たちはパスを期待して彼を受け入れたんじゃないんだ。ビーズリーは偉大なスコアラーだし、それは彼が最も得意としてること。俺たちは彼のためにアイソレーションの機会をわざわざ与えたりしない。だって、それは俺らのプレイスタイルじゃないからね。でもね、もし彼がオープンな状況にいたり、マッチアップで有利な状態にあるときは積極的にせめてほしい」

ジェイムスに諭されたビーズリーは、バックス戦でジェイムスに次ぐ19得点を記録。

スコアラーとしての能力を改めて証明した。

マリファナ所持で問題となったビーズリーだが、自身はうつ病も患っていると言われている。

精神状態が安定し、チームに溶け込んだ時にはじめてビーズリーの真価が発揮されるのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA