【スポンサーリンク】

グレッグ・オデン「NBAに戻れるとは思ってなかった」

グレッグ・オデン「NBAに戻れるとは思ってなかった」

マイアミ・ヒートで復活を遂げたグレッグ・オデンだが、25歳を過ぎる頃にはNBAからの引退を考えていたという。

当時、膝の問題で苦しんでいたオデンは、もう一度プレイできるか常に不安を感じていたようだ。

ヒートとの契約後もワークアウトを続け、完全復活を目指していたオデンは、4年の時を経てNBAの舞台に復帰した。

「長い4年だった。でも、俺はNBAに戻ってきたんだ。今は健康だし、プレイできて本当に嬉しいよ」

2007年のドラフトでケビン・デュラントを押しのけ、1位指名でポートランド・トレイルブレイザーズに入団したオデン。

“ネクスト・シャック”と呼ばれ、多くの期待を背負っていたオデンだが、ルーキーシーズンから膝の負傷に苦しんでいた。

一方、時を同じくしてNBA入りしたデュラントは、今やMVP最有力候補であり、すでにオールスター5回の出場を果たしている。

2連覇中のヒートでオデンが伝説を築き上げることができるのか、期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA