【スポンサーリンク】

ジョアキム・ノアがブラッド・ミラーからパッシングスキルを学ぶ

ジョアキム・ノアがブラッド・ミラーからパッシングスキルを学ぶ

日本時間1月3日のボストン・セルティックス戦で、シカゴ・ブルズのジョアキム・ノアは17得点、11リバウンド、9アシストを挙げ、ブルズの勝利に貢献した。

センターらしくないパッシングスキルを披露したノアだが、かつてのチームメイトであるブラッド・ミラーからパッシングスキルを学んだという。

213cmというサイズを持ちながらもパスセンスに定評のあったミラーは、ノアにとって師のような存在にあたるのだろう。

両選手は2008年から2010年までブルズで共にプレイした。

「ブラッドから学んだんだ。今はプレイメイキングに快感を覚えるよ」

そう話すノアの平均アシスト数は、NBAデビュー以来毎年増えている。

昨季はガードプレイヤー並みの4.0アシストを記録したノアだが、デリック・ローズ不在のブルズにとって精神的支柱にもなっているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA