【スポンサーリンク】

マーク・キューバン 7月までのシーズン延長を提案

全世界に拡大している脅威の影響を受け、NBAはシーズンを一時的に休止した。

今後は再開時期を探ることになるが、ダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンは、少なくとも数カ月後には再開できると考えているのかもしれない。

キューバンによると、シーズンを7月もしくは8月まで延長する案を検討すべきだという。キューバンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「これまで6月12日以降はゲームがなかった。その唯一の理由は、テレビパートナーだ。テレビの景色はここ3~4年で劇的に変わった。だから、数字と方程式はかなり変わったんだ」

「マーケット面でもそれほど競合しない。唯一競合するのは、ベースボールのレギュラーシーズンだ。必ずしも8月まで延長する必要はないと思うけど、みんなが道を取り戻すためにレギュラーシーズン最後の7~10試合を行い、適切な状態でプレイオフへ進み、7月に入ることを私は見てる」

キューバンは、この影響は60日程度で収束すると見ているという。

ただ、この夏はオリンピックが予定されており、NBAプレイヤーによっては前準備なしでオリンピックに出場しなければならない者も出てくるであろう。

オリンピックが延期になる可能性もあるが、すべては現状を封じ込めることができるか否かということになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA