【スポンサーリンク】

パウ・ガソル 不甲斐ないチームにキレる

ロサンゼルス・レイカーズの調子がなかなか上がってこない。

先日もイースタン・カンファレンス下位に低迷するオーランド・マジックに敗れている。

対マジック戦の後、負傷者続出のレイカーズを牽引するパウ・ガソルがついにキレたようだ。

ガソルは試合後、ロッカールームで自分のシューズを投げ、努力が足りないチームメイトを激しく叱責した模様。

「リーグ下位のチームに負けた場合、なぜ負けたのか考えないといけないんだ」

ガソルはそう話している。

恐らく、マジック戦の後のロッカールームでは陽気な会話を交わしている選手もいたのだろう。

ガソルの言動について、負傷離脱中のコービー・ブライアントは、「長い間パウと一緒にいるけど、あいつがここまでイライラしてるところなんて見たことないよ。ロッカールームでも彼は冷静だしね。でも良いことだと思う。うん、良い兆候だよ。あいつがそうなるってことは、チームに何かあるってことなんだ。負けに慣れちゃダメ。勝つために常に努力しなきゃね」と話し、ガソルを擁護。

ガソルの叱咤でチームが発奮するか、今後のレイカーズにも注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA