【スポンサーリンク】

アダム・シルバー氏 半袖ユニフォームについてレブロン・ジェイムスと意見を交わす

レブロン・ジェイムス

今季からNBAで本格導入されている半袖ユニフォームだが、多くの選手が不快感を示している。

以前、ダラス・マーベリックスのマーク・キューバン氏が半袖ユニフォームを「ダサい」と批判したところ、現NBAコミッショナーのアダム・シルバー氏はこれに反論していた。

だが、レブロン・ジェイムスの言葉はキューバン氏より重かったようだ。

先日の試合後、ジェイムスは半袖ユニフォームを批判。ショットを放つ際に袖が引っかかる感じがすると話していた。

これを受け、シルバー氏はジェイムスと半袖ユニフォームについて話し合い、この問題は今季終了後まで持ち越すことに同意したという。

シルバー氏は、半袖ユニフォームについて次のようにコメント。

「選手たちが(半袖ユニフォームを)好まないなら、何か他のものにすることも可能だ。(半袖ユニフォームの導入は)後悔してない。だけど、それが選手にとって深刻な問題になるなら、我々も考えないとね。半袖ユニフォームについてレブロンと話し合ったけど、この問題は今季終了後に持ち越すことで決着したよ」

今後、NBAのユニフォーム企業名が載る可能性があるが、半袖ユニフォームが続く可能性は低いといえそうだ。

L・ジェイムス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA