【スポンサーリンク】

ブランドン・ジェニングス 筋力アップで体重増に成功

ブランドン・ジェニングス

ブランドン・ジェニングスはデトロイト・ピストンズでプレイした昨季、期待されていたパフォーマンスを見せることができなかった。
平均得点はルーキーシーズンと同じ15.5得点、FG成功率ではルーキーシーズンの37.1%に次ぐ37.3%に終わっている。

また、ディフェンスでも貢献することができず、ジェニングス本人も不甲斐ないシーズンだったことを認めているようだ。

スタン・バン・ガンディ新体制下となる2014-15シーズン、パフォーマンスを改善することができれなければ、ジェニングスは先発メンバーから外される可能性もあるだろう。

そのジェニングスはオフにフィジカル強化に取り組んでおり、筋力アップによる体重増に成功したという。

「体重が増えたことでディフェンスも良くなる。ドライブインする時も当たり負けしなくなるからね」

「彼(バン・ガンディHC)が以前、こう言ってたんだ。『毎晩ディフェンスをしなければならない』ってね。俺らに今できるのは最善の努力をすること、そしてチームディフェンスをすることなんだ」

アンドレ・ドラモンドとグレッグ・モンローというNBAトップクラスのインサイドを有するだけに、ポイントガードの役割は大きい。

ジェニングスがより良いパフォーマンスを見せなければ、バン・ガンディHCは新たなポイントガード獲得に動く可能性もある。

体重の増加がどのような影響をもたらすかシーズンにならないと分からないが、ジェニングスにとって勝負の1年となるのは間違いないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA