【スポンサーリンク】

因縁のコービー・ブライアントとドワイト・ハワード 開幕戦で口論勃発!

コービー・ブライアント&ドワイト・ハワード

今から2年前、ドワイト・ハワードはロサンゼルス・レイカーズでコービー・ブライアントと共にプレイしていた。

だが、両者の間には確執が噂され、ハワードはわずか1年でヒューストン・ロケッツへ移籍。

ブライアントはその直後にTwitterのフォローからハワードのアカウントを削除するなど、関係は泥沼化していた。

その両者が日本時間29日の開幕戦でついに激突。

開幕戦第4Qではブライアントの執拗なディフェンスに嫌気が差したのか、ハワードが両肘を振り回し、その肘がブライアントの顔面をヒット。
これにはさすがのブライアントも怒りを顕にし、かつてのチームメイトとの間で口論が勃発した。

ブライアントが「かかってこいよ!」と挑発すると、ハワードは笑みを浮かべながら「スコアボード!」と応戦(この時は99-74でロケッツがリード)。

チームメイトが間に割って入る事態に発展し、ハワードにフレイグラントファイル、両者にテクニカルファウルがコールされている。

ESPNによると、この口論についてブライアントは次のようにコメントした模様。

 

「彼(ハワード)の肘が顔面に当たったんだ。そんな行為は好きじゃないってことを彼に伝えようとしたんだ。単純なことだよ。あれは試合。あれは試合の一部。肘も試合の一部。トラッシュトークも試合の一部。NBAがいつからそんなに敏感になったのか分からないけど、すべてひっくるめて試合の一部なんだ」

また、笑みを浮かべながら反論してきたハワードについては、次のように話している。

 

「彼(ハワード)のことを好きにならざるを得ないよね(笑)。彼はテディベアなんだ。本当にナイスなガキだよ」

一方、口論について質問されたハワードは、こうコメント。

 

「俺らが試合に勝った。これ以上この件について首を突っ込む必要はない。俺らが勝ったんだから。終わったことは気にしない」

「みんな俺がレイカーズを去ったことについて話したがるけど、俺はロサンゼルスで良い時間を過ごした。どうやったらこの話を終わらせることができるんだろうね。(移籍は)自分自身のために決めたことなんだ」

レイカーズ時代に不仲が噂された際には、ブライアントとハワード、そしてマイク・ダントーニHCが冗談を楽しむ画像がアップされたが、今となってはこの画像自体が冗談に思えてならない。

ブライアントとハワードの次なる対決は、日本時間11月20日にロケッツのホームで予定されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA