【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール 第4戦でのカイル・コーバーのポゼッションに「トラベリングだった」

ブラッドリー・ビール

アトランタ・ホークスとのプレイオフ・カンファレンスファイナル第4戦で、ワシントン・ウィザーズは5点差で敗れ、シリーズ成績を2勝2敗のタイに戻された。

3点差を追っていた第4Q残り6.9秒、ポール・ピアースの同点3Pは外れ、ホークスがポゼッションを獲得。

ウィザーズはボールを持ったカイル・コーバーにダブルチームを仕掛けるも、ボールを奪うことができなかったが、映像で見るとコーバーは明らかにトラベリングを犯している。

だが、オフィシャルがトラベリングをコールすることはなかった。

まだ同点のチャンスを残していただけに、ウィザーズとしても不満が残るプレイとなったことだろう。

ブラッドリー・ビールは、疑惑のシーンについて次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

 

「トラベリングだよ。だけどオフィシャルはコールしなかった」

明らかにトラベリングだ。

だが、リーグがオフィシャルのミスを認めたとしても、試合結果が覆ることはない。

ウィザーズの選手たちはすでに気持ちを切り替え、第5戦の準備を進めていることだろう。

シリーズ第5戦は日本時間14日に行われる予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA