【スポンサーリンク】

失意のポール・ピアース 現役続行について明言を避ける

ポール・ピアース

このプレイオフで、ワシントン・ウィザーズのポール・ピアースは輝いていた。

勝負を決定づけるクラッチショットを決めるなど、異彩を放ったピアース。

だが、アトランタ・ホークスとのプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第6戦でピアースが決めた3Pは、まさかの時間切れ。

ウィザーズとピアースの2014-15シーズンは、その瞬間に終わった。

先日はウィザーズでの現役続行意思を伝えたピアースだったが、第6戦での敗北にはひどくショックを受けたのだろう。

まだ現役を続行するかどうか、決めきれていないようだ。ピアースのコメントをNBA.comが伝えている。

 

「バスケットボールをこれ以上続けるかどうかさえ分からない。シーズンはどんどんハードになるし、俺は年を取っていく。ベッドから起きることさえきついんだ。家族とやらなきゃいけないことがたくさんある。妻や子供達、母と話をするよ」

昨年夏にウィザーズと2年契約(2年目はプレイヤーオプション)を結んだピアース。

当時のピアースは「朝起きたら、引退後の自分が幽霊になって現れたんだ。俺を連れて行こうとしたから、こう言ってやったよ。『契約しない』ってね」話していた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA