ボリス・ディアウ ティム・ダンカンについて「あと6~7年はできる」

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズのティム・ダンカンは、来季でキャリア19年目となる。

39歳という年齢にもかかわらず、トップチームの一員として、そして先発メンバーとしてプレイしている選手は他にそういないだろう。

では、ダンカンはあと何年ほどトップレベルのパフォーマンスを続けることができるのだろうか?

チームメイトのボリス・ディアウは、ダンカンがトップレベルのパフォーマンスを長く続けている理由について、冗談を交えながらコメント。Sports Illustratedが伝えた。

「分からないけど、6、7年かな。分からないよ。でも彼はいつだって良い状態にある。いつだって素晴らしい。すべての子供たち、すべての人々にとって良い見本なんだ。俺らが練習をするとき、彼は常に100%の状態にある。ジムに最初に来るのも彼だし、ワークアウトを最初にするのも彼。素晴らしい労働観を持ってるのさ」

「彼はあまりジャンプしない。だから靭帯や筋肉、すべてに負担がかからない。超基本的なバスケットボールをいつもやってるだけ。だけど、すべての動きの達人だから、それでやってこれてるんだ。だから彼より若く、体力がある選手よりアドバンテージがあるのさ」

ダンカンは来季も先発出場を続けるだろう。

仮にベンチ起用となったとしても、相手チームにとっては脅威のベンチ選手となる。

何歳まで現役を続けるのか分からないが、少なくとも現行の契約が満了するまでトップレベルのパフォーマンスを続けてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA