ロケッツのケビン・マクヘイルHC 先発ポイントガード選びに苦悩

【スポンサーリンク】

このオフのトレードでタイ・ローソンを獲得したことにより、ヒューストン・ロケッツはローソンとパトリック・ビバリーという先発クラスのポイントガードを2人抱えることとなった。

どちらが先発ポイントガードとして起用されるか注目されているが、ロケッツのケビン・マクヘイルHCはまだ決めきれておらず、トレーニングキャンプなどで様子を見てから決める考えのようだ。マクヘイルHCのコメントをchron.comが伝えている。

「どちらに多くの出場時間を与えるのか、我々は決断しなければならない。ひとりは先発するだろうし、もうひとりはバックアップを務めることになる」

「去年のデンバーでのタイは、それまでと比べると非常に平凡な年を送ったよね。ジョージ・カール(元ナゲッツHC)は我々がここでやってるようなオフェンスを走らせてた。タイには彼のベストを尽くして欲しい。ペイントにドライブしたり、それからパスアウトしたりね」

「ペイントに侵入して、パスを出せる彼は、ゴーラン・ドラギッチがいた時以来最高の男になるかもしれないよ。彼はどんなパスだってできる。それと、もっとディフェンスを取り戻さないといけない。彼ならできるよ。私は彼を見てきたから」

高いディフェンス力を有するビバリーか、それともオフェンスに長けたローソンか、マクヘイルHCはさぞ頭を悩ましていることだろう。

なお、昨季のローソンはレギュラーシーズン75試合の出場で平均15.2得点、3.1リバウンド、9.6アシスト、1.2スティール、FG成功率43.6%、3P成功率34.1%を記録。

一方のビバリーはレギュラーシーズン56試合の出場で平均10.1得点、4.2リバウンド、3.4アシスト、1.1スティール、FG成功率38.3%、3P成功率35.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    最近の主流でいくと得点力のあるローソンをベンチにして、ビバリースタートってなるんでしょうけど、ローソンのモチベーションを戻すためにはスタートのほうが良い気もしますし、難しいですね

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      なるほど!
      まあ贅沢な悩みですよね(^_^;)

*

CAPTCHA