ケビン・デュラント「オクラホマシティから去ることは考えたことがない」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントは、2015-16シーズン終了後にFAとなる。

現時点ではサンダー残留が濃厚とされているが、ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールやニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーはデュラント勧誘に動くことを表明し、さらにデュラントがロサンゼルス・レイカーズとの契約を検討するという噂まで出てきた。

だが、デュラントは来年夏のことは一切考えていない。

これまでも「サンダーでの2015-16シーズンに集中するだけ」と話していることから、デュラントにまつわるすべての噂は噂の域を出ないだろう。

そのデュラントがサンダーと2015-16シーズンについて次のようにコメントした模様。ESPNが伝えている。

「(オクラホマシティから)去ることは今まで一度も考えたことがなかったよ」

「今はすごく良い感じ。準備はできてる。自分自身を、そしてサンダーのバスケットボールを刺激的な時間にする準備はできてるんだ」

昨季の大半を欠場したデュラントだが、出場した試合では18勝9敗と大きく勝ち越している。

さまざまな噂や憶測が飛び交うことになるのは間違いないものの、サンダーでのプレイに集中し、チームをさらなる高みへ牽引してくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA