ジェラルド・グリーンの弟 自陣リングに豪快なダンクを叩き込む

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートでスコアラーとして活躍しているジェラルド・グリーンには、24歳の弟がいる。

弟のガーロン・グリーンも兄ジェラルド同様、高い身体能力を有し、現在はドイツのチームでプレイしているが、そのガーロンが自陣のリングに豪快なダンクを叩き込むという珍事が発生した。

このプレイこそNBAのチームでプレイできていない原因なのかもしれない。

まだ24歳と若いだけに、バスケットボールIQをより高め、NBAにチャレンジしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アン

    いったい何を考えてたらこんなプレーするんですかね笑
    しかもめちゃくちゃクラッチタイムでw
    こんなのNBAどころか区民大会レベルでも激怒もので使ってもらえなくなりますよね笑
    なにかチーム内で処分とかあったのか気になります。。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      何は他のことを考えてボーっとしてたんでしょうね(^_^;)

  2. By 匿名

    兄弟とも身体能力はいいのに頭が・・

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      身体能力はほんとうに高いですよね!
      経験と共にIQも高くなれば良いのですが(^_^;)

  3. By 匿名

    これはどうゆう状況で、なんでしょうか?
    リバウンド争いでボール掴んだまま叩き込んだとか、いきなりリングに振り向いて…とか

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ただの勘違いじゃないでしょうか?
      このプレイには、ジョーダンを連想してしまいました。
      ジョーダンはこんなミスしませんでしたが(^_^;)

  4. By kobe24

    NBAにいたら確実にshaqtin a fool行きでしたね(笑)(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      shaqtin a foolにノミネートされましたね(笑)
      さすがシャック!

*

CAPTCHA