バイロン・スコットHC コービー・ブライアントについて「これ以上ダンクしてほしくない」

【スポンサーリンク】

コービー・ブライアントを肩の負傷で欠いたロサンゼルス・レイカーズは、ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックという2大スターを擁するオクラホマシティ・サンダーに40点差で大敗した。

サンダー戦の2日前に行われたヒューストン・ロケッツ戦で、ブライアントは今季初のダンクに成功。

このダンクが肩の負傷の原因ともされているが、バイロン・スコットHCは現役ラストイヤーを迎えているブライアントを重要な戦力として考えている。

それゆえに、これ以上ダンクをしてほしくないと考えているようだ。スコットHCのコメントをthe LA Daily Newsが伝えた。

「彼(ブライアント)には、もうこれ以上ダンクをしてほしくないんだ。彼には82試合プレイできるよう、それをとっておけって伝えたよ。それからでもダンクできるからね」

確かにダンクが肩の負傷の原因となったかもしれないが、若手に経験を積ませるチャンスとは考えていないのだろうか?

それとも、今季はスコットHCにとってもラストイヤーとなるのだろうか?

なお、スコットHCは最後にこう締めくくった。

「『ダンクするな』と伝えるのは、本当に厳しいことだよ。あのダンクが彼のラストダンクになったかもしれないね。誰よりも彼が彼自身のことを分かってる」

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    選手にプレーを制限させるんじゃなくてあんたが上手くプレー時間を調整しろと言いたいです(・ω・)ノ本当に方向性の見えない起用をします(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      同意!

*

CAPTCHA