スタン・バン・ガンディHC「アンドレ・ドラモンドの練習時のフリースロー成功率は70%」」

【スポンサーリンク】

デトロイト・ピストンズのアンドレ・ドラモンドやロサンゼルス・クリッパーズのディアンドレ・ジョーダン、マイアミ・ヒートのハッサン・ホワイトサイド、ヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードは、フリースローを大の苦手としている。

中でもドラモンドはリーグワーストのフリースロー成功率を記録しているほど苦手としており、なかなか改善の兆しは見られない。

だが、スタン・バン・ガンディHCによると、練習の時には70%以上のフリースロー成功率を記録しているという。バン・ガンディHCのコメントをBoston Globeが伝えている。

「練習場ではだけど、彼のフリースローは進歩してるよ。うまくなってるのを練習の時に見ることができる。だけどゲームになると、本当にひどくなってしまうんだ。」

「明らかにメンタル的な問題があり、彼はメンタルの訓練を続けなければならない。ゲームで決めることができるようにね」

「練習場ではうまくなってきてる。練習の時に90%決めろとは言わない。だけど、彼は毎日練習場で70%以上の成功率を記録してるんだ。現時点では、それがゲームにいかされてない。これからも取り組み続けることにするよ」

ハワードも練習時には高いフリースロー成功率を記録しているというが、やはりメンタルの問題なのだろうか?

なお、現時点における今季のフリースロー成功率ワーストはドラモンドの35.4%。

次いでジョーダンの41.5%、ハワードの54.2%、ホワイトサイドの55.1%となっている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    全員がアメリカンC(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かに!
      手の大きさだけが原因じゃないような気がしますし、こればっかりは分からない・・・

*

CAPTCHA