タイソン・チャンドラー「再建の一部になりたくない」

【PR】

フェニックス・サンズの崩壊はポイントガード3人のシステムを取り入れた頃から始まっていたのかもしれない。

ゴーラン・ドラギッチとアイザイア・トーマスは当時のサンズのシステムについて「やりにくかった」と苦言を呈し、サンズを離れると、それ以降のサンズはドアマットチームへと戻ってしまった。

今季は先発ポイントガードのエリック・ブレッドソーが負傷でシーズン全休となると、サンズはジェフ・ホーナセックをヘッドコーチ職から解雇。

組織内部にも問題を抱えていると思われるが、昨年夏にサンズと4年契約を結び、チームの再建の一部として期待されたタイソン・チャンドラーは、現状に強い不満を感じているのかもしれない。

33歳のチャンドラーはサンズと自身について次のようにコメント。the Arizona Republicが伝えている。

「特に現時点でのキャリアでは、とにかく勝ちたい。今は勝ちたいんだ。俺は再建のステージにはいない。もし再建中なら、そこは俺がいたいところじゃないね」

サンズは今年の夏、チャンドラーを放出すると予想されている。

怪我が多く、キャリアも終盤に差し掛かっているだけに、チャンドラーに興味を示すチームは決して多くないかもしれない。

とはいえ、インサイドのディフェンス強化を求めるチームにとっては、より有利な条件でチャンドラーを獲得できるチャンスともなろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読