ブルズ パウ・ガソルよりジョアキム・ノアとの再契約を優先か?

【スポンサーリンク】

昨年12月、シカゴ・ブルズのジョアキム・ノアにトレードの噂が浮上した。

ノアとタージ・ギブソンをパッケージにし、トレードでウィングプレイヤー獲得を狙うと噂されていたが、期限を過ぎてもトレードは成立しなかった。

ギブソンの契約は来季まで残っている一方で、ノアの契約は今季で満了となる。

一度トレードの噂が浮上しただけに、このオフはノアの去就にも注目が集まりそうだが、ブルズがノアに再契約をオファーするかもしれない。

Chicago Tribuneによると、ブルズはパウ・ガソルよりノアとの再契約を優先させたい考えだという。

ノアがオーナーのジェリー・ラインズドルフお気に入りの選手ということも、再契約に関係しているのだろう。

一方のガソルは以前、ブルズで今後もプレイしたい旨の発言をしていたが、チームのプレイオフ進出が危うくなると「その時が来たら何が必要か考える。だけど、逆境にさらされたときのチームの反応と俺らのシーズンの終わらせ方は全然良くない。期待はずれさ。結局のところ、その時が来たら物事を評価するよ」とし、他チーム移籍の可能性を示唆した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA