ポイントガードを求めるニックス ジョーダン・クラークソン獲得に興味か?

【PR】

ジェフ・ホーナセックが新ヘッドコーチに就任したニューヨーク・ニックスは、チームを指揮する新たなポイントガードを求めている。

先日はアトランタ・ホークスのジェフ・ティーグ獲得に動くとも報じられたニックスだが、ロサンゼルス・レイカーズのジョーダン・クラークソンにも興味を持っている模様。

ESPNによると、ニックスのゼネラルマネージャーを務めるスティーブ・ミルズは、このオフについて次のように話したという。

「間違いなくチームを牽引できるリードガードを我々は必要としてる。我々が最も必要としてることのひとつだと思うよ」

ただし、制限付きFAとなるクラークソンは「ルーク・ウォルトンのためにプレイしたい」と発言しており、レイカーズ側はいかなるオファーにもマッチする可能性が高い。

ニックスは他のポイントガードを探したほうが良いだろう。

なお、昨季のクラークソンはシューティングガードのポジションで79試合に出場し、平均32.3分のプレイで15.5得点、4.0リバウンド、2.4アシスト、1.1スティール、FG成功率43.3%、3P成功率34.7%を記録。

ルーキーシーズンはポイントガードのポジションで59試合に出場し、平均25.0分のプレイで11.9得点、3.2リバウンド、3.5アシスト、0.9スティール、FG成功率44.8%、3P成功率31.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読