ニックス移籍のデリック・ローズ「ただ勝ちたい」

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスはこのオフにデリック・ローズ、ジョアキム・ノア、ブランドン・ジェニングス、コートニー・リーの獲得に成功した。

カーメロ・アンソニーとクリスタプス・ポルジンギスにこれらの選手たちが加わったことにより、ニックスはスーパースターチームと称されている。

そんな中、ローズがニックスでの意気込みを語った模様。ローズのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺らとゴールデンステイト(・ウォリアーズ)はスーパーチームって言われてるよね。スーパーチームがたくさん生まれないようにしてるし、アダム・シルバーもそういう声明を出した」

「俺らはただ勝ちたい。メロと、周りにいるすべての人間たちと話してる。ブラントンは1年契約を結んだ。彼はなぜ彼がここにいるのか証明しないといけない。俺はなぜ俺がここにいるのは証明しないといけない。ジョアキムはなぜ彼がここにいるのは証明しないといけない。みんなが自分自身を証明しないといけないんだ」

「俺は大きなマーケットに来た。バスケットボールを愛してる都市に来た。バスケットボールが文化になってる都市にね。この都市のみんあはハードにプレイする選手を愛する。俺はそれにフィットすると思うよ。俺にとってすごく大きなチャンスだと思う。今の俺は準備してるとこさ」

そう話すローズだが、ローズをはじめアンソニー、ノア、ジェニングスは怪我が気になるところだ。

ローズはニックスを古豪復活へ導くと同時に、自身もかつてのパフォーマンスを取り戻すことができるだろうか?

新天地での活躍に期待したい。

なお、昨季のローズはレギュラーシーズン66試合に出場し、平均31.8分のプレイで16.4得点、3.4リバウンド、4.7アシスト、FG成功率42.7%、3P成功率29.3%を記録。

キャリア7年では通算406試合に出場し、平均35.0分のプレイで19.7得点、3.7リバウンド、6.2アシスト、FG成功率44.8%、3P成功率30.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA