ドック・リバース「ケビン・ガーネットをクリッパーズに連れて来たかった」

【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCの下、ボストン・セルティックスのタイトル獲得に貢献したケビン・ガーネットが現役引退を発表した。

古巣ミネソタ・ティンバーウルブズとの契約を1年残しての引退となったが、恩師であるリバースHCはロサンゼルス・クリッパーズでガーネットをプレイさせたかったようだ。

リバースHCはガーネットについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「彼(ガーネット)をクリッパーズに連れて来ることに、私は強い興味を持ってた。彼のような男の居場所を常に探してる。そのような男の声はロッカールームで非常に強く、非常に明確で、非常にインパクトがあるからね」

「彼はプレイしたくないのだろう。彼は二度とプレイしない。私はそう確信してる。彼は『なんでやらなきゃいけないの?』と思ってるんじゃないかな」

ガーネットが現役を退いたことにより、セルティックス時代に共にプレイしたポール・ピアースの去就も気になるところ。

ピアースは去就をまだ決断しておらず、トレーニングキャンプを前に注目が集まっている。

ピアースも現役を引退するとなれば、ガーネット、ピアース、レイ・アレン(現役復帰の意思あり)と、セルティックスで一時代を築いたビッグ3全員がコートから姿を消すことになる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA