ポール・ジョージ ペイサーズについて「信頼とケミストリーがない」

【スポンサーリンク】

ジェフ・ティーグやタディアス・ヤング、アル・ジェファーソンなどを加えたことにより、インディアナ・ペイサーズは躍進が期待されている。

エースのポール・ジョージもフロントのオフの仕事を高く評価し、新生ペイサーズに自信をのぞかせていたが、現在は難しい時間を送っていると言えるだろう。

ペイサーズの現状について、ジョージは次のように評価。the Indianapolis Starが伝えている。

「俺たちはまとまってない。ホームチームにホームチームのアドバンテージを許してしまってる」

「信頼がない。ケミストリーがない。信念がない。今の俺たちには生気がないんだ」

ペイサーズはここまでホームで3戦全勝しているにもかかわらず、ロードゲームで4戦すべてを落とし、勝率は5割を下回っている。

11月はあと11試合を残しているが、そのうち9試合がホームゲームだ。

この期間で勢いに乗り、ロードゲームでの白星につなげたいところだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA